2009年10月29日

お帰りなさい、私の中の幼子。

人生でもっとも直面するのが恐かった記憶と感情。

未だにジャーニーで出てこなかったこと。

いえ次にジャーニーのセッションを受ければ、

たぶん確実に出てきたであろうこと…に直面してきました。続きを読む
posted by 江藤恭子 at 00:00| セッション・セミナー受講記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

友人からセッションを受けた際のよもや話。

先日、生まれながらにしてチャネラーとでもいうような、
友人からチャネルをしてもらいました。続きを読む
posted by 江藤恭子 at 00:00 | TrackBack(0) | すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ジャーニーのグレートジャーニー!?

大変にご無沙汰しております;;

セッションやヒーリングで、
相変わらず忙しくさせていただいていたり、
お疲れ気味になり微熱など発熱して、
もしやインフル?ではと心配する夫から、
病院へ行ってくれとお願いされ
(私はインフルでないという自信はあるのだけれど)

「微熱では検査に引っ掛かりません…」

という有難くもグレイな診断をいただき、
数日間ゆっくりとさせていただき、友人からの電話や、
チャネリングのおかげで元気になり、今日に至っております。

さてところで、急に寒くなりましたね…。

今週末、今月末な訳ですが、旅に出るのに、
その服装に(主にコート類)に若干頭を悩ませています。(笑)
この続きは…。
posted by 江藤恭子 at 00:00| ジャーニー(ブランドン・ベイズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

炊き込みご飯とアメージングな野菜カレー

そもそも私の日記は、以前はやたら食べ物のことが多かったのです(笑)

最近は秋ですので、炊き込みご飯に凝っています。

3日連続で作ってしまいました。
画像も撮らず、食べてしまいました。(爆)

3合炊いて、夫婦でぺろり〜。

この続きは…。
posted by 江藤恭子 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

近況〜

最近、印象深かったことを記したいと思います。

やはり、秋なのでね。

最初は秋っぽく、アートです。(笑)


この続きは…。
posted by 江藤恭子 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

向かい合おう。

あることから、ええい、逃げちゃえ〜と思っておりました。

そうして、実際に逃げてみました。(笑)

でも宇宙の法則として逃げたところで、それをクリアにするまでは、
追いかけてくるということがあり、やっぱり逃げちゃだめだと思い。

腹を括って向き合うことにしました。
具体的には外での職場でのことです。

それがどんな風に動いてゆくのか、いまはわかりませんが、
私の中では決心は固まりましたから、
あとはグレイス(恩恵)がもっともよいカタチで、
取り計らってくれることでしょう。

私は私がすべきことをして(もちろんジャーニーも)
後はやっぱりできることをさせていただき、
そうしてグレイスのもたらしてくれることを信頼して待ちます…。

…私が関わっている子供たちは本当にかわいいのです。
彼らからどれほど与えてもらっているのかはわからないほどです。

そのことがなければ、向かい合おう、
という気にはならなかったでしょう。

彼らに恥じない大人でいたいのです。

だから、言葉で言えないほど、彼らに感謝です。
posted by 江藤恭子 at 00:00 | TrackBack(0) | すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ご縁と出会い。

先日、ジャーニーのセッションをさせていただいた方は、
ネットサーフでこちらのブログを見つけて、
mixiからご連絡をしていただいた方でした。

ジャーニーについてのいろんなこと、個人的な経験を、
いままでアップしていてよかったな、と、とても嬉しくなりました。

と同時に『ジャーニーの「感情の旅」セッションを受けたい』
と、連絡をくださるのも勇気のいることだと思いますし、
自分と向き合い、自分の中のなにかを動かしたい、
そんな強い意志を持って来てくださる方々に、
私はいつも本当に、出会えたご縁に感謝するとともに、
その方々へ、心から尊敬の念をもちます…。

セッションで見つけるのは、深い部分にある本当の自分の姿。

旅先案内人である私は、その人がそれをご自分で見つけるのだと、
ただそれを信じています。

どの方の姿も本当に美しい…。

それはまるで、傷一つないダイアモンド。
もちろんそれは、世界で一つしかない唯一無二のダイアモンドです。

それはその人の本質そのものなので、もちろん、
なくすことも盗まれることもなければ、傷つくこともありません。

そうして見つけるごとに毎回違うのです。

それはダイアモンドが、いろんな色や光を放つのと、
似ているのかもしれません。

そのとき、その人に、最も必要な本質が、必ず見つかります。

人の持っている資質は、想像以上に素晴らしいといつも思います。
posted by 江藤恭子 at 00:00 | TrackBack(0) | ジャーニー(ブランドン・ベイズ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。