2012年04月21日

カミサマお助けっ〜!と言ったら使者は鯉だった。

あることで思案しておりまする。
煮詰まらないと腰が上がらない、そういう性格なんです。
お金がかかること(結構な金額ならば尚更)だと余計です。
チャネっても「自分で決めれば〜」だって、
ハイレベルガイドさんってば冷たいっ〜!

また、書きたい原稿もあれば、メールのお返事も溜まり、
お仕事に、家事に、猫娘じゅりさんのめくるめくオイタに目が離せず…

こういう時、決まって私は凄い眠気に襲われるのです…;;

「あああ〜こんなんいやや〜!このまんまずるずる寝るのんイヤ〜!
カミサマ〜、ハイヤーセルフ〜、助けてぇ〜」

と心の中で叫び抵抗しつつも、しきれず寝る…。
するとこんな夢を見ていた。

何故か私はぬるいお湯のお風呂に入っている。
その中には口の大きな巨大な鯉がいる。
その鯉が私の腕を口でぐいっと引っ張る(本当に引っ張られた感覚)
そして私の胸に下げている、
キリストとマリアのネックレスをこれまたぐいぐいと引っ張る…
本当は寝ている筈なのに、首が引っ張られる感覚があり…

そうしてビックリして目が覚めたら、わずか数分のことだった。

目が覚めて思う。
「そう言えばキリスト初期のマークって魚だ」
イクトゥス、ジーザスフィッシュ

お願いをしたから、カミサマとハイヤーセルフが起こしてくれたのね。
以前ならば訝しげに思い「まぁたまたまよ」って思ったと思う。
しかし、願いが叶ってシンクロするなんて、これはとても素敵なこと。
最近はこういうことをとても素直に認められるようになってきました。

使者が何故鯉なのかはわからないけれど。(笑)
お口の大きな、巨大な、お腹もでっぷりとしたお魚でした(可愛い)。

助けて下さってありがとうございますと心から思い、感謝したのでした。
そしてできることを色々としました。

…まだ原稿は書けてないけれど〜。
Hさん〜すみませんm(__)m


ちなみにマリア様と幼子キリストのメダイユ(ペンダント)を持っていますが、
夢の中のペンダントはとても大きなものでした。
posted by 江藤恭子 at 03:11| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

「セラフィム・ブループリント」

更新が無くてすみません;;
お引越し後忙しく「リア充」と言えばそうなのですが、
あまりに時間が過ぎるのが早く、出来事もたくさん起こり…
それを記録しておかないのは私の悪い癖で、勿体無いことですね;;

最近、いろんなシンクロが起こったり、面白い現象に出会ったり、
クライアントさん達に喜ばしい変化が起こったり、
あるキーワードを唱えると、
突然脳波がシータ派になってどこかへぶっ飛んでしまったりと(爆)、
なかなかに幸運を感じる出来事が多いのですが、
そんな中、4月に入り…。

創始者のルース・レンドリーさんが来日されるとのことで、
「セラフィム・ブループリント」のセミナーに出席していました。

直傳靈気にリコネクティブヒーリング(R)と学び、
特にリコネクティブヒーリング(R)は、
亡き愛猫ロンタを看取る時なども含めて、
本当に良く使ってきたエネルギーなのですが、
リコネはまったく形が無い自由なもので、
「セラフィム・ブループリント」のようにエネルギーが幾種類もあり、
自他に対して様々なアプローチから使えるモノに、
とても新鮮な興味を覚えています。

ヒーリングエネルギーに対して、
「面白い」という表現をするのはいかがなものか?
と言う気もしますが(笑)
このヒーリングエネルギーを守っている、
唯一生き残ったという高位の天使が伝えた、
独自に知性を持ったこのヒーリングエネルギーは、
人の魂を進化させてゆく為の一つのツールなのだと使っていて思います。

ちなみに私は…
どのエネルギーがより高く優れていて、どれがどれよりも低い、
という考え方や、このエネルギーこそが最高のもので、
これ以外のエネルギーは全部低いもの、というような考え方は好きではありません。

人によって好き嫌い、合い塞ぎもあるでしょうし、
自分が愛している、自分に合ったヒーリングエネルギーを
ただ使えばよいことだと思っています。
確かに新しく日本に入って来たものには目移りしてしまいますが;;(笑)
(エナジェティクス・マトリクスとか…興味ありますね〜!)
ヒーリングエネルギーオタクの私としては、
きっと順繰りっ〜と廻ってゆくことなのだろうと思っています。

「セラフィム・ブループリント」の創始者、ルースさんは、
なかなかに意思のしっかりとした、
独自の政治的なお考えなどもお持ちの方で、
天使系の方だからフワフワした感じ?と思いきや、
真逆で、とってもアグレッシブな考えを(反原発のことなど特に)お持ちの方で、
そして「セラフィム・ブループリント」のエネルギーも、
実は大変に男性的で強力で、フワフワどころか…
やはり男性的で、各種エネルギーの感覚はそれぞれに違いますがとにかく強力です;;

面白いのは他のエネルギーと混ぜて使えるところです。
そしてセルフヒーリングのエネルギーもとても感じやすく、
沢山いろいろとセルフヒーリング出来るところが素晴らしい〜。

セミナーを受けてから、何故か、
クライアントさんのチャクラの状態などが、
以前にも増して良く解るようになってきました。

今回はレベルVまでのセミナーしか開催されませんでした。
ルースさんが来日されるのは2年後?
秋にはおなじみのアレックスさんが来日されて、
全コース教えられるそうですが…。

私にとって「セラフィム・ブループリント」はとても面白いエネルギーなので、
これからセッションにどんどん使ってゆこうと思います。
もちろんワンちゃん、猫ちゃんにも使えるものもあり、
ウチのじゅりさんも、このエネルギーのひとつで、
ヒーリングされるのが大好きなので、今後が楽しみです☆
posted by 江藤恭子 at 00:00 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新が無くてすみません〜

「満開の桜の上で」を更新しました。

引越し後、忙しく、セッションもさせていただいているのに、
まったく更新が無くすみません;;

本日からジャーニーセミナー開催です。
今回は参加できませんが…きっと今回も最高のセミナーになることと思っています。

ジャーニー公式サイト

桜も葉桜になりつつあり、最後の散り際もまた美しいですね…。
このブログは寒い頃から桜の時期に絵を描き始め、
ちょうど今の時期に始めました。
その前の「小春好日」の記事も統合してしまったので、
もっと古くからブログはあるようですが、
実は2009年から新たに「桜の木の下で」は始めたのです。
このブログ、なんと4年もつづいてるんですよ〜!

私自身はネットの黎明期からHP作っては何かを書いて来たのですが;;

更新が遅いのは〜ブログが3つもあるせいでは「ありません」が、(笑)
(「満開の桜の上で」「猫と私とヒーリング」)
3つもあるのも考えものだなぁと思っております。
特に満開の…とこのブログは統合してもいいかなぁと思い始めています。
さて、どっちのタイトルを残そうか…;;

ブログやサイトの思案をしつつ、新たな収納家具の思案をしつつ、
猫のじゅりさんの可愛いしぐさを眺めつつ…

昨年の春には前のお家にいて、ロンタ大王がいて…
4月9日に義父が亡くなり、お通夜や葬儀の時にも余震が続いていた頃でした。

それを思い出すと、今年の光景がすこし不思議に感じられます。
行方不明の方も含めると2万人もの人が震災で亡くなり、原発事故が起こり…。

地震が起こるのは止められませんが、
やっぱりね、原発はいらない〜と思うのです。

セラフィム・ブループリントの創始者、ルース・レンドルさんは
「日本中の原発を止めないととにかく危ない!
日本政府が行動せざるを得ないくらい、
一般市民が抗議して動かすしかない」
とセミナーのトークのあいだに散々言われています;;

…やってるんですよ、みんなけっこう。
たぶん日本の全人口の半分くらいが国会議事堂に集まれば、
どうにかなるかもしれませんが…;;
でも私はそれでもどうにもならないような気もするんです。

それでも原発マネーは凄くて、利権も膨大で、
やっぱり政治家は負けてしまってるんですよ。

浜岡原発が止まった本当の原因は、もし事故が起こったら
横須賀基地の米軍が使い物にならなくなるので、
米国が止めるように注進して止まった、という説を聞いて、
(真偽のほどは確かではありませんが)
一生懸命に署名活動したあれは何だったのか!?
アメリカの鶴の一声なのか〜!!!

…ルースさんのお話しをさんざん聞いたので、
私もアグレッシブになり、かなり感化されているようです;;

私は出席できませんが、セラフィム銀河系ツアーでも、
きっとルースさんのアグレッシブなお話しはさく裂することでしょう;;(笑)

311以降、静かな革命をやってゆくのだと言っていた人が居て、
たくさんの人が賛同していました。
静かな革命は今も続いているのでしょうか…。

まず意識を変えないと、集まっても烏合の衆になったり、
暴走して終わったりするんじゃないかなと私は思うのです。
安保の時の学生運動なんかを見るにつけ。

私に出来ることはその意識を変えて高めることのように思います。
微力でも…エネルギーや心理的なセッションやヒーリングと言ったものを通じて、
それは可能だと信じています。

スピリチュアルは社会からの逃避の道具ではなく、
意識を変えて成長してゆく為のツールなんです。
人として当たり前のことでもあります。
基本が自己責任ですから。
posted by 江藤恭子 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。