2013年12月31日

素敵な方々との出会い。

ワン・コマンド・コーチングプラクティショナー。
ワン・コマンド・ジュエリーデザイナー。
そして、
『超過敏共感力で悩む人を、超ハッピーな共感能力者に!』

共感力者(エンパス)サポート、幸せ共感能力者、持田洋子です。

*******

今年もさまざまに素敵な方々と出会えた1年でした。

セミナーで、街中で、ご近所で、獣医さんで、そしてネットを通じて…。

そのお一人お一人に、愛と感謝を送ります。

また、ワン・コマンド・コーチングセッションをはじめ、
24本エーテリックDNA(AK)アクティベーション、
リコネクティブヒーリング(R)、リコネクション(R)、
インナーチャイルドの癒し、
アバンダンティア・アバンダンス・レイ、
ユニコーン・エネルギー・ヒーリング・システム、
エンパスのためのメソッド

…などのセッションをお申込みいただき、
スカイプで、また対面で会っていただいてセッションを受けていただきました。

また幾度か開催したプチセミナーや、ワン・コマンドサークル、
ハイソなカフェでのお茶会にも素敵な方々に来ていただきました。

なかには遠方より新幹線や飛行機、
長距離バスで来ていただいた方々もいらっしゃって、
本当に私はただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。

2014年はお仕事上でも、人としても更に成長し、
私自身のミッション「幸せ共感能力者」として、
更にたくさんの方にお会いをして、
自分のワークを提供させていただきたいと思っています。

特に多くの悩めるエンパスさんが、「幸せ共感能力者」として、
新たに誕生されることに力を入れたいと思います。

こちらを読んでくださっている皆様、そしてクライアントのみなさま。

どうぞ良い新年をお迎えください。

「幸せ共感能力者」持田洋子/「SPIRIT HEART」


posted by 江藤恭子 at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年のワン・コマンド的ニュース

ワン・コマンド・コーチングプラクティショナー。
ワン・コマンド・ジュエリーデザイナー。
そして、
『超過敏共感力で悩む人を、超ハッピーな共感能力者に!』

共感力者(エンパス)サポート、幸せ共感能力者、持田洋子です。

*******

2011年、2012年に引き続き、
ワン・コマンドと共感能力無しでは生活が成り立たない程、
ワン・コマンドと共感能力を使って私は生きております。

今年1年にあったニュースの陰のすべてに、
ワン・コマンドが暗躍していると言っても過言ではありません(笑)

そんな私の今年にあったことのニュースです。

1月
☆ワン・コマンド・コーチングプラクティショナーになる。

2月
☆このブログを3つのブログから統合してひとつにする。

☆苺胡寧(もこな)の夫、彼氏、現在慈也功(ジャック)を保護。

3月
☆「インナーチャイルドを癒すワークショップ」開催

image-20130327033027.png

☆ワン・コマンド・コーチングセッションを私から受けられたクライアントさまから、  
 日本で随一の起業プロデューサーでマーケター、ベストセラー作家を直接引き寄せ、
「僕の会社で君をプロデュースするから来なさい」といわせしめ、起業されたクライアントさまが出る。

5月
☆投資スクールに入会し、投資について学ぶ。

6月
☆ワン・コマンド・サークル(ワン・コマンドのお試しセミナー)開催。

☆光の存在オリン「スピリチュアル・グロース」瞑想ワークショップ開催。

☆「桜の木の下で」が「SPIRIT HEART」 〜スピリットハート〜に生まれ変わる。

7月
☆ワン・コマンドの創始者、アサラ・ラブジョイさんから
「あなたの将来はジュエリーデザイナーよ」と突然言われ、
 ワン・コマンド・ジュエリーデザイナーとなり、
 ワン・コマンド・ジュエリーセッションとジュエリー制作を始める。

☆アサラ・ラブジョイさんから私についてのある預言を受け取る。
 それがどうなるのかは2014年中にわかることでしょう…

8月
☆夫の実家の犬、体重35キロのジャーマンシェパードのまりん号、
 天国の義父の元へ旅立つ。

11月
☆自分とクライアントさまそれぞれにワン・コマンドの効果が加速し始める。

 また、ワン・コマンド・ジュエリーもその効果を加速し始める。
 プロテクション、運の良さ、持ち主のコマンドを叶えていると報告を受ける。

bracelet-noriko2.JPG

☆あるプロジェクトに参加。自分のパターンを打ち壊すべく奔走する。

12月
☆共感能力=エンパシーについて本気で考え取り組み始める。
 「幸せ共感能力者」と自らを名乗り、
 超過剰、超過敏共感力者=エンパスの為のサポートをしたいと思う。
  
 またそれは自分自身が超過剰、超過敏共感力者=エンパスであり、
 それが自分の財産だと気付いた結果であった。

posted by 江藤恭子 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年は、投資について学んだよ。

ワン・コマンド・コーチングプラクティショナー。
ワン・コマンド・ジュエリーデザイナー。
そして、
『超過敏共感力で悩む人を、超ハッピーな共感能力者に!』

共感力者(エンパス)サポート、幸せ共感能力者、持田洋子です。

*******

わ〜、泣いても笑っても2013年はあと1日を切りましたね。
2013年は、皆様にはどんなお年でしたか?

いろんなことがおありだった1年だったかと思います。
私は…今年は、苦手なことにチャレンジし続ける1年でした。

まず、お金や経済のことが苦手で、でも家計から無駄な支出は減らしたい!
そこで中立なファイナンシャルプランナーさんを見つけたい、と
ワン・コマンドしましたら、あるメルマガを通じて、
日本で唯一、女性による女性のための投資スクール【BlueStoneAcademy】
を主催されている青柳仁子さんを知り、会員になり、
まず無駄な出費であった、加入し過ぎだった保険や共済を見直すご相談をしました。

お会いしてみて、青柳さんは本当に素敵な方で、
素晴らしいお仕事をされている女性で、ご自分の使命をちゃんとわかって、
それを提供していらっしゃっしゃる志のある女性で、しかもお美しく可愛らしい方で;;
私はそのまま投資スクールの生徒となり学ばせていただきました。

尊敬する私の父は、株式などの投資を研究していた人でしたので、
その姿を見て自分もいつか理解したい、でも父のように真剣に学ばなければいけないし、
数字に弱い私にはやっぱり無理…と思っていたのですが、
青柳さんのスクールの授業はとてもわかりやすく面白く、
なにも知らない私でも理解することが出来たのです。

投資をするもしないも自由ですし、リスクのある世界の事ですから、
とことん自己責任ですが…、
何も学ばず、感などでできる世界では決してないのだとよくわかりました。
また投資をギャンブルのように思われる方もいらっしゃるようですが、
決してそうではなく、ある法則に基づいて銘柄を決めて、
ある基準を守って運用することなのだ、ということもよくわかりました。

こんな風に書くと、持田さんいったいいくら資産持ってるの?
株式とかやってるんでしょ?とかアベノミクスで儲かりました?
なんて言われるでしょうか?(笑)

投資信託は月々1000円からできる、というのも学んだことのひとつです。
極少額でもできるんですね。
出来る財力をお持ちの方はいいのでしょうが、
一般の人が、高額を一気にがつんと投資に注ぎ込むことが良いことなのか否か、も、
青柳さんのスクールで学んだことのひとつでした。

…ということなんですよ(笑)

で、結果、やはり亡くなった父のことを私は更に尊敬しました。
いまのようにネットもネット証券会社も無い時代、
会社四季報(この本はいまでもありますが)を愛読書にしていた父は、
数字から様々な情報を読み解いていたのです…。

メールやインターネットの普及により、
なんて有難い出会いができる世の中になったことでしょう。

などと書くと、古臭いですか?(笑)
でもやっぱり…良き出会いに感謝です。


posted by 江藤恭子 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

有難い歯科と麻布十番のことと。

ワン・コマンド・コーチングプラクティショナー。
ワン・コマンド・ジュエリーデザイナー。
そして、
『超過敏共感力で悩む人を、超ハッピーな共感能力者に!』

共感力者(エンパス)サポート、幸せ共感能力者、持田洋子です。

*******

「幸せ共感能力者」故に「幸せ」に「共感」しているのだわ、と実感です。
なので、今日も有難いと私が思ったお話です(笑)

******

あわただしい年末なのですが、麻布十番の歯科へ急遽行くことになりました。
昨日の夜にバケット(おフランスパン〜)をモグモグ食べていたら、
今年治した筈の歯の詰め物がポロリ〜、ガリッと咬んだので冷や汗でした;;

この年末だし、詰め物の取れた歯で年末年始を過ごすしかないかも、
そう思いつつ麻布十番の歯科医に電話をしました。

するといつもの受付の女性が出てくれて、
「昼の12時のみ隙間があるので来てもらって、
どの位待つかはわからないけれど先生が診るとのことです」

ラッキー!もしこのまま接着剤で付けてもらことが出来たら、
美味しくおせち料理や雑煮が食べられる〜!
食いしん坊の私ですからね(笑)

「必ず行きます〜!!!」

で、パソコン抱えてやって来たのです。
PC作業は幾らでもあるんですもの。

歯科にやって来て更にありがたいことに、予約の入っていた人が遅れてくるということで、
その隙間時間にすぐに診ていただくことができ、詰め物も歯にも異常がなかったので、
そのまま歯の接着剤で付けてもらい、微調整は来年に、ということになりました。

つまり待ち時間0分だったのです…。
幸せに共感すると決めて、その上でワン・コマンドをやっていると、
こんな風に生活の中でうまく行くことが本当に多くなるんですよ〜。

ちなみにここの歯科クリニックのセラミックの詰め物の完成度の高さと、
先生の歯の調整具合は神業だと私は思っています。

MYクリニック

失ったはずの歯と同じそっくりさんが戻ってくるんですもの。
噛み合わせも最も自分の歯と口の中に合った状態で作ってくださいます…。

この2年間、サボりつつも(爆)歯の治療をずっとしてきて、
やっと今年の秋に終わりました。
1本、神経を抜かないで治療して微妙な歯があり、
ある意味では虫歯が再発するかしないかの、賭けのような治療でもあり、
先生も気にしてくださりずっと要経過観察でしたが、
どうにかそれもクリアできたようです。

歯の中に金属があまりに多かったので、2年間かけてセラミックに変えました。
鼻セレブならぬ「お口セレブ」ですね(笑)
ちゃんと大事にしてお手入れしてあげなきゃと実感です。

生まれて初めて、歯の詰め物が取れることもなく中で虫歯が進行して、
しかもレントゲンにも映らなかったりで、
脳外科に行った方がいいかしら!?と思うほど、すごく痛い思いもしましたから…。

今日はお仕事に集中するぞと決めていたのですが、外出と相成り、
でもモバイルとノマド生活普及のお蔭でブログを書くこともデスクワークも出来ています。
なんて有難いんでしょうか…

ただひとつ難点をあげると、ここのカフェは居心地が良すぎて、
つい眠気を覚えてしまうことかしら…(爆)

麻布十番のス〇バにも感謝です。

大都会の真ん中なのに下町情緒に溢れ、
地域猫の保護も積極的に行われ大切にされている、
この町が私は大好きです。



posted by 江藤恭子 at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろんなものから影響を受け過ぎる、超過剰、超過敏共感体質なあなたへ〜「幸せ共感能力者」

ワン・コマンド・コーチングプラクティショナー。
ワン・コマンド・ジュエリーデザイナー。
そして、
『超過敏共感力で悩む人を、超ハッピーな共感能力者に!』

共感力者(エンパス)サポート、幸せ共感能力者、持田洋子です。

*******

麻布十番のノマドな人々が集う某カフェでこれを書いています。
気分はノマドなセレブ!?
それともネットとモバイルから逃れられられない奴隷でしょうか(笑)

本日の麻布十番にやって来た原因は、あるハプニンからでしたが、
私はこんな風にブログ更新や、やりたいこともしつつ、
師走の、この大好きな商店街の空気を心余すところなく、
エンパシーを使ってポジティブに感じて過ごし、とってもご満悦です(笑)

ちなみに、お昼は永坂更科のお蕎麦をいただき、
年越し蕎麦もこちらで買いました。
蕎麦の芯だけを使った白いお蕎麦で、大晦日が楽しみです。

私は最近、暫定的になるかもしれませんけれど、
「幸せ共感能力者」と名乗るようにしています。

そうしてこのように名乗り始めてから、
本当に幸せを感じることや有難いと思うことがたくさん起こり、
ポジティブなことに共感することが自動的に圧倒的に多くなっています。

もちろんこのキャッチフレーズは、
周囲の方やクライアントさまに「幸せな共感能力」を使って、
その方々にも幸せを呼び込みますよ、という決意でもあります。

自分をどう定義づけるのかはとても大切ですね…。
名乗った通りに人はそうなるものだと最近実感しているのです。

言葉、言霊の力は強いと感じています。

自分にポジティブな言葉を使って表現すると、そうなる。
逆ならは、もちろんその逆になる。

私は自分の欠点やダメなところもよろしくわかっているつもりですが、
それでも、それをどうしてカバーしたり直したりしてゆくのか?
について貪欲に取り組みたいと思っていろいろとやっています。

そうして達成したい目標も作り上げたいお仕事もあります。

なかなかに自分の中のブロックが、
あの手この手で足を引っ張ってくることもありますが、
やがて足引っ張りちゃんも癒され、降参して出てこなくなるでしょう。

でも、私が完璧人間であったとしても、そうでない人間であったとしても、
幸せになることは実は瞬間にできることなんですね。
そして誰かを幸せにすることも、実はできるんです…。

だからまずは自分の能力を使ってどんどん幸せに、
楽になっていったらいいのだとそう思うようになりました。

たぶん、2008年ごろにはそんなこと想像も出来なかったことです。
自分の「過敏な共感体質」はどうしようもない自分自身の欠点でしたから。

いつも気分が悪い、いつも疲れがち。
抱いている嫌な感覚や感情や体調が自分自身のものなのか、
他人のものなのかもわからない。

なかなか自分自身に関心が向かず、いつも外側に意識が向き、
自分の事はいつも後回しで人のことを優先して…
それでもさして感謝されることも無く…
私がそうするのはまるで当たり前のことのような感じで捉えられたり、
単にお人よし過ぎるのだと評価をいただいては、
外に理解してくれる人もおらず、理解者だった母を失ってからは
とても寂しい気持ちを抱えて生きていました。

そんな状態に突破口が開かれ、少しづついろんなものが変わり始めました。

でもその突破口の前、私は多くの人達のネガティブな感情で押しつぶされていました。
エネルギー的なヒーリングだけでなく、心理学的なセラピーを学び、
そのセミナーの裏方や、モニターセッションを始めたりしたからです。

普通に生きているだけでも他者や環境の影響から、既にいっぱいいっぱいの私が、
人の中にあるネガティブな感情や記憶を生で触れ、全身に浴びて共感し、
それを解決してゆくまでの道しるべをやるのですから、
このままでは生きてゆけない!と真剣に思ったのです。

仲間はたくさんいたのですが、ここでもやはり私ほどの共感力者はいませんでした。
ですから「他人の感情に共感し過ぎ」とか、カウンセラーの資格を持つ人からは、
「(クライアントのネガティブなものを)吸い込んじゃあ終わりよね、ダメよね」
などと言われる始末でした。

悔しいと思う前に、寝込んでいる自分でした。

そんな時初めて「エンパシー」「エンパス」という言葉を知りました。
そうして過敏な共感体質の人達がいることを知り、自分もそうであると知りました。

その後の道のりも、またいつか書きますね。

私と同じような方、きっと沢山いらっしゃることでしょう。
まず、気が付くこと、知ること、そして「大丈夫なのよ、仲間もたくさんいるのよ」
ということに気付いてほしいなと思います。

せっかく持って生まれた素晴らしい共感能力を埋もれさせるのは勿体ないですから。



posted by 江藤恭子 at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超過敏、超過剰共感力で悩む共感力者=エンパスのクリアリングにもワン・コマンド

ワン・コマンド・コーチングプラクティショナー。
ワン・コマンド・ジュエリーデザイナー。
そして、
『超過敏共感力で悩む人を、超ハッピーな共感能力者に!』

共感力者(エンパス)サポート、幸せ共感能力者、持田洋子です。

*******

極力エンパシーをOFFにしていても、
やっぱり渋谷の街中から帰ってきたら草臥れてしまっていたり。

もしくは無防備な状態で、ある人からのメールを開けたら「ぎゃっ!」
ってなっちゃったり…。

そんな時、ワン・コマンドを知ってからの私は、
やっぱりワン・コマンドでスッキリさせています。

ワン・コマンドのヘルス&ウェルネスの手法はとても効果的です。

ワン・コマンド・ヘルス&ウェルネスは
そもそも心身の為に作られたワン・コマンドの手法で、
シータ波に移行し、コマンドすることで新たに望みのブループリントを作り、
それでDNAから情報を書き換えてしまう、というものです。

…文章にするとわかりにくくアヤシイ感じですが…

そのアヤシイことが例えば身体に起こり、
「〇〇(病やアレルギー)が治った」などと書いたならば、
これはもう即刻、薬事法違反!になるので書けない…
でもそんなことがいっぱいある…らしい…としか書けない…のですが(苦笑)
確かにそうなるんです。

エンパスの場合、「治る」ことはないのですけれど、
その受けた影響をクリアリングしたり、リリースしたりはいろんな方法で出来ます。

エンパスが受けた影響をワン・コマンド・ヘルス&ウェルネスで良くしても、
薬事法には触れない筈なので(笑)私はいつもスッキリしている、と書かせていただきます。

このセッションも是非、エンパスさん、非エンパスさんに提供してゆきたいと思ってます。

セッション料金、お時間は、ワン・コマンド・コーチングセッションと同じです。

スッキリしたい超過敏共感体質、共感力者=エンパスの方、是非おいでくださいませ。



posted by 江藤恭子 at 07:00| ワン・コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良き人々に恵まれて…。

ワン・コマンド・コーチングプラクティショナー。
ワン・コマンド・ジュエリーデザイナー。
そして、
『超過敏共感力で悩む人を、超ハッピーな共感能力者に!』

共感力者(エンパス)サポート、幸せ共感能力者、持田洋子です。

年の瀬ですね。

つくづく私は有難い人たちに囲まれて生きているなと実感しています。

その有難い、魅力的な人たちに関わらせていただき、
そのエネルギーを共感能力で思いっきり感じては、
とてもたくさんのパワーをいただいた1年でした。

今日は獣医さんに行くことになりました。

猫の1匹が風邪をひき、あまりにひどいくしゃみをするので…
昨日は投薬で何とか、と思ったのですが食欲も落ちていたので、
今日は連れてゆくことにしました。

この子は人に懐くことのできない子なのですが、
ベテランの副院長先生は麻酔をすることもなく、
助手の2人に上手に指示をして私の猫を固定して、
エリザベスカラーを付け、点滴を打ち、体重を量り、
キャリーバッグに戻すところまでやってくださいました。

こういう子を嫌がる獣医さんも多いと聞きますし、
すぐに麻酔を打つ先生もいらっしゃいます。

副院長先生は女性でとても可愛らしい方で、終始、穏やかな方です。

猫の調子が悪いのはとても心が落ち込みますが、飼い主としては、
こういう先生がいてくださることにとても安心できて癒されます。

そしていま参加しているプロジェクトの仲間も主催者の方も、
本当にみなさん素敵な方々です。

昨日はその仲間のお1人に、
ワン・コマンド・コーチングセッションをさせていただいたのですが、
いつもとても実直に、ご自分のお仕事を創りあげようと、
確実に行動をされている方なで本当に尊敬してしまう方です。
そういう方のクリアリングなどのお手伝いができるのは、
本当に嬉しいことだと再確認しました。

今年は新しいクライアントさまにも来ていただいて、
やっぱりどなたも魅力的で、前向きに生きる意欲にあふれた方々で、
自分の人生と自分自身に向き合う勇気を持っておられる方々です。

良いクライアントさま方に恵まれている私はやっぱり幸せ者だと思います。
これからもそんなクライアントさま方のお手伝いをしてゆきたいと思います。

セッションやセミナーをさせていただいているのですけれど、
結局私の方がたくさん学ばせていただき、成長させていただいていると実感です。

超過敏共感力者、エンパスさんのサポートをしたいという祈りが、
今年は強く生まれ、もう既に
「私はエンパスです」という方や「まるで私の事のようです」という方から、
メッセージをいただいています。

エンパスの特徴は、精神や魂がクリアでピュアな人が多いことです。
繊細で、良い人でいようという意識の強い人たちです。

来年は、そんなエンパスの方々にたくさんお会いしたいと思っています。

2014年は、更に私がそういう方々にお役にたてるように精進してまいります。
どうぞみなさま、よろしくお願いいたします。


posted by 江藤恭子 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。