2013年05月18日

姫ちゃ〜ん〜♪

4月にアニマルコミュニケーションの、
プライベートセミナーにお伺いしたクライアントさまが、
動物愛護団体、一般社団法人ランコントレンミグノンさんから
預かっておられる、里親さん募集中!の姫ちゃんです。

ご覧のとおり、お鼻が演歌の大御所〜なのですが;;(笑)
でも実物は画像よりも、もっともっとラブリ〜な、姫ちゃんです。

hime.jpg

ちっちゃくって、愛嬌があって、本当に可愛い女の子です。
慣れればスリスリゴロ甘間違いナシ。
そして他の猫さんとも上手くやってゆける性格です。

姫ちゃんの詳しいことは預かり親さまのブログで。
「ゆく猫くる猫」

そして姫ちゃんに感性がピン!と来て、家族に迎え入れたいという方は、
ランコントレンミグノンさんにお問い合わせくださいね。
姫ちゃんのプロフィールも「保護動物一覧」に「白黒キャッツ:姫」で載っています。


posted by 江藤恭子 at 00:00| 動物・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

8/4【いぬねこうし祭 in Club asia】

…はじめに…

私、つい色々と伝えたくてごちゃごちゃ書いてしまうのですが…

このイベントの合言葉はただひとつ。

「みんな動物好きってことだけで集結!」
(By 坂本美雨さん)

という訳で動物好きさん、集結しましょう。

*******

大震災による被災動物たちの「いま」を伝え、
これからの動物と人の関わりを考える、
ライブ&トークイベントが行われます。

会場にて募金活動、グッズ販売もあるそうです。
どうぞみなさん、ご参加&ご協力を!

【場所】Club asia(東京・渋谷)
東京都渋谷区円山町1-8
http://www.clubasia.co.jp/

【時間】17:30 Open/18:30 start 

【チケット】1000円 (ドリンク別)
電話予約:Club asia: 03-5458-2551 (15時〜23時受付) 

【ライブ出演】
Robin&Shimmy (Robin Dupuy & Shimizu Hirotaka)
坂本美雨
akiko
【DJ】
信藤三雄(アートディレクター)

【トーク出演】
・飯田基晴(映画監督。「犬と猫と人間と」監督 )
山路徹(ジャーナリスト)
渡辺眞子(作家)
友森玲子(動物愛護団体Rencontrer Mignon代表)
・司会:湯山玲子(著述家)

【映像】
「犬と猫と人間と」(ショートバージョン)
「クロからの質問」(渡辺眞子原作)
「被災レスキュー報告VTR」

*******

311から4カ月をゆうに過ぎました。

坂本龍一さんも今回の震災で、

「ペットは家族 震災で命の尊さ浮き彫り」
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110723/ent11072307000000-n1.htm

ということを訴えておられますが、

まさに物言わぬ、人以外の家族や、

家畜と言われる動物たちのことについて今以上に考える時期に、

日本もなってきたのではと私は思っています。

ご興味のある方は是非、ご参加を。

*******

余談ですが…

ライブに出演の坂本美雨さんは、

大の猫好きの、坂本龍一さんと矢野顕子さんのお嬢さん。

野良猫だった「サバ美さん」と暮らしているそうですが、

このサバ美さん…私が見るとすぐにわかっちゃうのですが、

どこか故ロンタと同じ気配がします。

サバ美さんもたぶん、中身、猫じゃないのかもと思います…(爆)

posted by 江藤恭子 at 00:17| 動物・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

あの方がお怒りのようです。

福島原発避難区域内での動物餓死問題に、
あの方がお怒りのようです。

5月の最後です。
封鎖されてから1カ月以上も経ってしまいました。
私ももう怒りつかれたので、
この方に、代わりに怒ってもらおうと思います。

posted by 江藤恭子 at 21:00| 動物・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

牛と馬と豚と鶏と犬と猫。

興味のない人には本当にどうでもいいのだろうな、と思います。
被災地の動物のことなど、ニュースの端に少し載るくらいのものです。
福島第一原発半径20キロ圏内に取り残された動物達は、
何も悪くないのに、餓死と言うこの世で最もむごい目に遭っています。

震災から1ヵ月、更に警戒区域設定から1カ月以上が過ぎ、
室内に閉じ込められている犬猫や、
敷地に繋がれている犬のほぼ大半は既に餓死しています。

避難民には室内外の犬猫については、
餓死を容認するようにと政府から指示が来たそうです。
指示など出さなくても既に殆どが餓死か、死ぬ間際でしょう。

そして餌やりをしてもらえなかった牛や馬、豚の大半が餓死、豚などは共食い。
鶏はとうに全てが死んでいます。

こちらに書かなかったのは、書く暇もなかったということもありますが、
ごく普通の一般人とてこの情報社会の中でネットと人との繋がりによって、
書けないようなこともいろいろと知ってしまい書けない、というのも本当のことです。

この国は、命に関して狂っているとしか思えないのです。

原子力安全委員会、保安院に電話した時のその内容をすべて書きたいものです。
書いてもよいのですが、もう怒りが止まらなくなる内容です;;

確かに原発の問題は深刻ですが、この2ヶ月間ずっと深刻でした。
メルトダウンのことといい、出続けている放射性物質のことと言い…。

でも深刻なまま、20キロ圏内では泥棒の侵入は許し、
犬猫家畜の保護は民間以外しませんでした。

当時、旧ソであったチェルノブイリの時でも、
半径30キロ圏内のすべての家畜、
1万頭以上がたった10日間で圏外に運び出されました。

警戒区域になるまでに、どれほどの個人と、どれほど多くの愛護保護団体が入り、
犬猫などを保護し、地区の保健所に届け出た後、放射線を計測しましたが、
線量が高いものでも毛を刈るとまったく問題なしで、
除染の必要のあったものは1匹もなく圏外に出ました。

相馬馬追いに使われる相馬馬は28頭が圏外に特例として出されました。
そうしてこの馬達もスクリーニングの結果まったく問題なしでした。
南相馬の小高地区から出られた方も車もペットの馬も自分自身も、
4回もスクリーニングを受けてまったく問題なし。
今避難しているところの方が線量が高いのだそうです;;

なんども書きます。

この国は命に関して狂っています!

え、警戒区域の動物達は市の職員が入って保護したんじゃないの?
そういうニュースもありましたね。

4月29日〜5月2日の5日間のみ、職員たった10人で二手に分かれ、
あの白装束に身を包み、作業時間はたった1日僅か2時間。
保護した数は犬猫合わせてたった犬27頭、猫2頭です。

登録されている犬だけでも5000頭以上はいるのですが…。

これをニュースネタの為のパフォーマンスととらえるか、
真面目にやりましたと取るのか…。

この国の首相と官邸、側近たちは、
とにかく20キロ圏内の動物を外に出したくないようです。

地震、津波、原発関連のすべての事故や出来ごとで、
それどころではない行政や県の問題とはまた『別の思惑で』だそうです。

出したら国の恥になると思っているのか、
単に邪魔くさいのか。(これ当たっていそうです)

…封鎖された中で出さないということはイコール餓死ということです。

もちろん救済に頑張っている人達もいます。
殺処分が決まった家畜たちに道を開こうという活動もあります。

ファームサンクチュアリ計画。
http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-10893268377.html

しかし…実現されたとしても、すべての牛が入れるというのは、

難しいだろうと思います。やはり原則は安楽死(という名の殺処分)

たかむら勉ブログ
http://www.takamura-tsutomu.com/

たまき雄一郎の挑戦記 世界の中心で政策をさけぶ
http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/

藤野真紀子オフィシャルブログ「For your LIFE」
http://ameblo.jp/makiko-fujino/

新庄動物病院の掲示板
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah

以下は悲惨な画像も含まれます…
posted by 江藤恭子 at 14:00| 動物・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

Please help!! FUKUSHIMA ANIMALS!!

Please help!! FUKUSHIMA ANIMALS!!

http://indigo-iceblue-white.seesaa.net/article/197995340.html

(A video current of animals in Fukushima can be seen.
There is a signature list to Japanese Government.
There is a signature site that can be easily done, too. )

There is no time any longer.
Please help animals and the owners.

After the earthquake, I have done the protection activities of animals
deserted by the owner in the Fukushima nuclear accident.

The government completely blockaded this region on the 22nd.
The owner was prohibited took it out the resident who had been taking shelter at that time the domestic animal, the dog, and the cat though coming home was temporarily permitted.
As a result of the inspection, neither the dog, the cat nor the domestic animal who receives dangerous pollution by the radioactivity are found.

Japanese Government will make 20,000 domestic animal and animals or more die of hunger.
A lot of animals have already died of hunger.

Please it must be asking, and see this mail video, and sign the signature.
And, please forward this mail to a lot of companion friend acquaintances of you.
Please deliver the message to Japanese Government.

YOKO MOCHIDA

日本より愛をこめて。
From Japan with love.

YOKO MOCHIDA
Person and animal's Healer, Therapist.
Journey By Brandon Bays, Practitioner Training week end.
Reconnection(R) Reconnective Healing(R)

posted by 江藤恭子 at 14:54| 動物・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Please help us spread the truth to the world

Address of various signatures to current state of animals
in Fukushima and Japanese Government

*******

【Video】Please join us in raising our voice http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10873572545.html


Please help us spread the truth to the world http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10872856162.html


It is a signature for which it appeals to Japanese Government, and it is possible to do very easily and sign, please.

Tell the Japanese Government that the cruel act of starving animals must finally be made illegal http://www.thepetitionsite.com/24/Make-animal-starvation-illegal-in-Japan/

Please Allow Animal Rescue in Japan's Nuclear Evacuation Zone http://www.thepetitionsite.com/26/save-animals-in-Japan-evacuation-zone/

Please fill in one and the name address mail address without the time that is accessed a lot of sites and signed, and send YOKO MOCHIDA momo@ciao.biglobe.ne.jp the message to your Japanese Government directly.
I send it to the government.

◇Each ministry agency mail form and mail address in Japan

◆To the Japanese country Prime Minister's Office

"Japanese Prime Minister Naoto Kan
Please Allow Animal Rescue in
Japan's Nuclear Evacuation Zone"

https://www.kantei.go.jp/foreign/forms/comment_ssl.html

◆Japanese the Ministry of the Environment MO E-mail
(The animal and the pet are the jurisdiction of this ministry in Japan.)

"Minister of the Environment RYU MATHUMOTO Grant the permission of the animal relief in the Tohoku Great Kanto Earthquake and the restricted zone."

https://www.env.go.jp/en/moemail/


◆Ministry of Defense and the Self Defense Forces http://www.mod.go.jp/e/c_us/index.html


◆The Self Defense Forces Fukushima area cooperation headquarters pr1-fukushima@pco.mod.go.jp


◆Nuclear Safety Commission and security academy http://www.nisa.meti.go.jp/english/aboutnisa/contact.html

There is no mail form in English.
Please describe the name, the address,
and the mail address and send YOKO MOCHIDA momo@ciao.biglobe.ne.jp the E-mail to the nuclear power safety committee and the security academy.

E-mail to Fukushima Prefectural governor kouho@pref.fukushima.jp


◆To the Fukushima Prefecture south Soma mayor http://translate.google.com/translate?js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&sl=ja&tl=en&u=http%3A%2F%2Fwww.city.minamisoma.lg.jp

※Mayor of Fukushima Prefecture south Soma City KATHUNOBU SAKURAI The U.S. time magazine chose man who had severely criticized the government correspondence by the first nuclear accident in Fukushima by animation contribution site "YouTube" to be "100 people who had the influences most in the worlds"
that had been announced on the 21st.
posted by 江藤恭子 at 00:00| 動物・ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。