2014年01月19日

たましいのきゅうさい(?!)

漢字で書くとまるでどこかの宗教の…
謳い文句のようで、勧誘のようで、
アブナイ気がしたのでひらがなで書きます。

朝、瞑想していたら、私の中にある、
いろんなブロックがどーんと落ちてきて、
とても辛くなりました。

メソッドをしてインナーチャイルドを癒し…
ハイヤーセルフと繋がり…

自分との会話の中で、
「本当に何がやりたいのか?」
という問いに、私の口から勝手に出てきたのが

「魂の救済がしたい」

だったのです…。

あらら、持田さん、教祖様ですか!?(爆)

それに魂を救済するってどういうことなんでしょう?
自分でもよくわかりません…。

そもそも

「魂」は「救済」

されなければいけないようなものなのだろうか…;;
うーん、なんだか違うような気が私はしています。

魂、と言っても本当の魂では無く…
霊的な意味での、不変の存在である「あの魂」ではなく…

「精神」とか、
「心」とか、
「気持ち」とか…

誰かから踏みつけられたら、

「すんごく痛いっ!!!」

っていうところ、ありますよね?

私はそういう意味での「魂」を救済したいのだろうなと思います。

癒したい。
元に戻したい。
元気にしたい。

それは私自身が、まずそうなりたいからに他なりません。

自分を守るために戦っても、引き籠っても、
痛みは消えず、私の人生は良くはなりませんでした。

傷ばっかりが増えて行って…現実は厳しく辛く、
やがて痛みにも麻痺する始末。(記憶が無いのです)

やがて最愛の、この世で最も大好きだった人、
母が亡くなり…全てが壊れて、リセット。

医師に見放される症状を抱える日々のなか、
手を差し伸べてくれたのがスピリチュアル系の方々でした。

それが新興宗教だったら入っていたのかな?(笑)
(たぶん入らなかったでしょう)

…傷だらけの身体で温泉に入ったら「痛い!」ですよね。

「なにかおおいなる愛」に触れはじめた時、
やっぱりそんな風に痛かったです。
でもその痛みは、いままでの悪化してゆく痛みではありませんでした。

いっぱい泣いて気持ちを解放して、
傷が温泉で癒えはじめ、湯のぼせし始めた頃、
気が付いたら私はヒーラーになっていました。
それから、意図的に心理学的なセラピーなども学び始めました。

スピリチュアルな世界に入っても、
上手く行くことばかりではありませんでしたが…

自分の傷を客観的に見ることが出来るようになったのです。

そして私は自分がその傷を癒して、
「救われたい人」
だということを知っています。

人が誰かに何かをする原動力のひとつには、
「自分がしてほしいことを誰かにする」ということですから。

しかし「魂の救済」はちょっと大げさではないか?
それに「救う」ってなんだか偉そうだし…;;

私が実際にクライアントさまにしていることは、
「魂が楽になるお手伝いをします」
くらいの感じだろうと思います。

それができたらまず、満足です。

…どんどん楽になってもいいんですよ…。

私はそう言いたいのですね…。




posted by 江藤恭子 at 09:00| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

ゾロ目

夕飯のお買い物をスーパーでして、レジで精算したら…

999.jpg

999円でした!

レジで思わず「わお〜〜〜」と言ってしまいました(笑)
なんだかすごくうれしい気持ちになりました。

999の意味は『エンジェル・ナンバー』(ドリーン・バーチュー、リネット・ブラウン著)によると

「ライト・ワーカーよ、行動してください。
世の中は今、あなたの聖なる人生の目的を必要としています。
遅れることもためらうこともなく、神聖な使命にしっかりとりかかってください。」

いま、まさに新たな波を感じて動き出そうとしている時なので、
このメッセージは素直に嬉しいです。
しっかりと受け取り、更に行動します。

因みに最近、本当によく数字のメッセージを受け取っています。
特に多いのが「2」のゾロ目。
ドリーンバーチューさんの本によると、
「あなたが新たに植えたアイデアが現実になるよう育ち始めています。
水と栄養をやり続けること。そうすればじきにそれは土を突き抜けて育ち
現実化しているという証拠を見ることができるでしょう。
言いかえるなら奇跡が起こる5分前にそれを止めてはいけません。
それが実現しているのがじきにあなたにもはっきりと眼に見えてきます。
ですからそのまんまがんばり続けてください。
肯定的な思考を持ち続けアファーメーションを言い続け
ビジュアライゼーションを続けてください。」

…やはり同じ方向のメッセージが☆

因みにアファメーションのところが、
私の場合は脳波をシータ波にして行う、
現実創造ツール、ワン・コマンドになります〜。

自分を幸せにするのは自分です。
だから、コマンドも行動も、やり続けなきゃ。
posted by 江藤恭子 at 00:00| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

私が様々なセッションをするのに、どのようで有るのか?について。

6月2日(日)は、午後1時〜夜の10時までずっと、
ご依頼のあったセッションをしていました。
お2人合計で10時間弱…我ながらよくやりますね(苦笑)
でも充実感でいっぱいでした。

その内のお一人はオーストラリアのセミナーも共に受講した、
ジャーニーのお仲間です。

久々にお話しすることも出来て、
長めのセッションでしたが、
とても有意義なセッションとなりました。

残念なことに体の不調ということで、
とても素敵なお仕事をされていたのですが、身体の養生を始める前にと、
ジャーニーセッションのリクエストをしてもらったのです。

私はそのお仲間の為に、彼女がいままで受けてきたセッションよりも更に、
更に深いセッションが出来るようにとセッション前に意図していました。

なんせお互いに、ジャーニーのセッションを沢山受けてきていますから、
自分の受けたセッションでのいろんなパターンや結果、
効果も既によく知っています。

今回のセッションの結果や感想が
「以前を踏襲した同じようなもの」では意味がありません。

実際には、ジャーニーであっても、他のセッションでも、
何度セッションを受けても「以前と同じ」にはなる筈がないのですが、
以前と似たような方向になり、それが前進したかな?
ということは多いものです。

そうではない結果が欲しい場合は、
以前とは違う何かが「起こる」必要があります。
それは決して「起こす」ことではないのです。
微妙なニュアンスですが「自然に起こる」ようにすることが必要なのです。

そのために私がするのは…自分自身をクリアな状態にして、
セッション中は、クライアント様と常に繋がり、
どんな風にアプローチするのかを「降ろす」ことに専念すること。

心理学的なセッションにも、
エネルギーのヒーリングにも言えることなのですが、
確かにセッションするためのテクニックは必要ですが、
それ以上にまず相手の方にとって、必要ななにかを見つけること、
その日のセッションの重要な鍵を見つけることが、
まずはとても重要なことなんです。

これは頭を使って考えることではないのです。
リアルタイムでのアドリブのような感覚でもあります。
目には見えない、でもとても大きな、
SomethingGreatに委ねている、そんな感覚です。

既に私の中でジャーニーやワン・コマンド・コーチングセッションや、
NLPなど、様々なセッションが、
血となり肉となっているから出来るのだろうと思います。

ですから、どんなセッションをする時でも、
エンパス(共感能力者)として、そのクライアント様と共に寄り添い、
セッションを進めてゆけば、おのずとフリースタイルになってゆきます。
「オンリーワンなセッション」は必然なんですよね。

*******

ジャーニー仲間の知人さまに、彼女の望みと、私が意図したことと、
それ以上の恩恵があることを今は祈っています。

そして彼女が望むとおりに、また仕事に復帰して、
生き生きと人生を歩んでほしいと思います。

そしてきっとそうなる!と信じています。
応援してますよ〜!!!

*******

画像は野生のひなげし(雛罌粟)です。

poppy1.jpg

とても強くて、誰に世話をされることもなく春が来るとちゃんと咲いて、
種を残し、また次の春に花を咲かせます。
そしてとても華やかな花です。
こんな風に強くいたいものですね。

posted by 江藤恭子 at 16:07| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

カミサマお助けっ〜!と言ったら使者は鯉だった。

あることで思案しておりまする。
煮詰まらないと腰が上がらない、そういう性格なんです。
お金がかかること(結構な金額ならば尚更)だと余計です。
チャネっても「自分で決めれば〜」だって、
ハイレベルガイドさんってば冷たいっ〜!

また、書きたい原稿もあれば、メールのお返事も溜まり、
お仕事に、家事に、猫娘じゅりさんのめくるめくオイタに目が離せず…

こういう時、決まって私は凄い眠気に襲われるのです…;;

「あああ〜こんなんいやや〜!このまんまずるずる寝るのんイヤ〜!
カミサマ〜、ハイヤーセルフ〜、助けてぇ〜」

と心の中で叫び抵抗しつつも、しきれず寝る…。
するとこんな夢を見ていた。

何故か私はぬるいお湯のお風呂に入っている。
その中には口の大きな巨大な鯉がいる。
その鯉が私の腕を口でぐいっと引っ張る(本当に引っ張られた感覚)
そして私の胸に下げている、
キリストとマリアのネックレスをこれまたぐいぐいと引っ張る…
本当は寝ている筈なのに、首が引っ張られる感覚があり…

そうしてビックリして目が覚めたら、わずか数分のことだった。

目が覚めて思う。
「そう言えばキリスト初期のマークって魚だ」
イクトゥス、ジーザスフィッシュ

お願いをしたから、カミサマとハイヤーセルフが起こしてくれたのね。
以前ならば訝しげに思い「まぁたまたまよ」って思ったと思う。
しかし、願いが叶ってシンクロするなんて、これはとても素敵なこと。
最近はこういうことをとても素直に認められるようになってきました。

使者が何故鯉なのかはわからないけれど。(笑)
お口の大きな、巨大な、お腹もでっぷりとしたお魚でした(可愛い)。

助けて下さってありがとうございますと心から思い、感謝したのでした。
そしてできることを色々としました。

…まだ原稿は書けてないけれど〜。
Hさん〜すみませんm(__)m


ちなみにマリア様と幼子キリストのメダイユ(ペンダント)を持っていますが、
夢の中のペンダントはとても大きなものでした。
posted by 江藤恭子 at 03:11| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

家電に御免。

引っ越しをして、お電話でのお仕事から再開しております〜。

お試しセッション、ご好評です。
婚活、恋愛、仕事、職場、人間関係、家族、ご自分のペットからのメッセージ…

お電話で会話をしながらのセッションですので、
日本全国どこからでも受けて戴けます。
通常の半額料金でのご提供です。

3月いっぱいまでの受け付けですので、どうぞお申し込みください〜☆

*******

しかし…お引越しが終わって相当経って、
最初のブログタイトルがこれですか!!!???(笑)

と自分自身にツッコミを入れたい訳ですが、
やはり引っ越し後もっとも思うのが、

「家電に御免」

な訳です、ハイ。

私のエネルギーが上がっている時、特に急激に上がっている時、
それから瞬間的な怒りが凄い時、デトックス(エネルギーの解放)が凄い時…

たまにですが家電が壊れます;;(爆)(いつもじゃ困ります〜)
何故かいつもDVDデッキなのですが…。

このDVDデッキには「矢沢さん」というお名前があり、
いつも驚くような自動予約録画をして下さるお方なのです。

ちなみに人や動物などの生き物には、
常に影響が無いようにプロテクトをお願いしています。

特に人の感情に過敏な猫のじゅりさんには、
守護者や天使や神や高位の存在に守ってもらうようにお願いをしていて、
本猫にも、
「人間ママはいま怒ってるけれど、
それはあなたには関係が無いし、あなたは守られていますよ」

とお話しをして許してもらうようにしています。

しかし家電などは生き物の次にするので、
あああ、まずいわ〜、と思う時はちゃんとプロテクトしますが、
間に合わない時、それを忘れている程の突発的な時は…;;

矢沢さんは怒った数十分後に電源が勝手に切れておりました。
その後二度と家で電源が入ることは無く…。
家電製品としての基本の基盤から壊れたらしいのです。

「うる星奴ら」のラムちゃんを思い出します。
彼女は怒ると放電しまくり、浮気をしたあたるなどが感電するのです(古っ)
(酔っ払っても放電してたっけ?ラムちゃんは梅干し食べると酔っ払うのです)

私があんなにナイスバディでキュートで美人って訳じゃないんですが;;(笑)
ちなみに虎柄のビキニを着ている訳でもないんですが;;
まぁ、外見があんなんだったらいいですねぇ〜(爆)
そして私の放電が見えたらいいのに。

たぶん目には見えないとんでもない何かが大量に、
どどっと、あんな風に私から出ているんでしょう。

「矢沢さん」はもう保証期間はとうに過ぎているので、
修理代は結構かかってしまうようです。

そうして…矢沢さんセレクトな画像は…すべて真っ白に…
お気に入りの映画も消えてしまいました。

そんなに私の怒りのパワーは、
すべての記憶を失ってしまう程にショックでしたか〜

ジャーニーを学んでいる私としては、強い感情は溜めこまず、
どかん〜と出してしまうことを常に心掛けている訳ですが、
地球の次元の高まりと共にかなり波動の上がっている状態では、
大切なものはまずプロテクトを意図して、家電などの物たちと、
高位の存在たちにお願いしておくことが大事だと改めて思います。

そうして万が一、修理になった時にも修理代は無料かお安く、
と意図しておくことも大事ですね。

ちなみに引っ越しのせいか、調子の悪かったエアコンさんは、
修理の人が来たらご機嫌が直り、ちゃんと働いて下さっている模様です。
滅多に掃除できないエアコンの裏側まで掃除して、
「美人よねぇ」って褒めたのが良かったのかしら!?

矢沢さ〜ん、カムバック〜!!!
記憶喪失にして御免ね〜☆
posted by 江藤恭子 at 00:00| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

エリクソン催眠〜芸術的な催眠〜

セミナーに久々出席しました。

13日〜15日、エリクソン催眠のセミナーに行ってきました。
私が学んでいるセラピー、「ジャーニー」が、
NLPやヒプノ(催眠)を取り入れたものであり、
やはりその源流的なものに触れたいと思った次第。

エリクソンという人は魔術師とまで言われた催眠療法家だったのです。

催眠というとショーでよくやっているような「コントロールされる」
ような観念が一般的にあるかと思うのですが、
エリクソン催眠は真逆と言っていいほどのもので、
その自然さと効果は芸術的と言われるほどの域のもの。

「治療に抵抗するクライエントなどいない。柔軟性にかけるセラピストがいるだけだ」

これはとても有名な言葉ですが、実際にセラピーをするとき、
ぶっちゃけ、私自身がよく感じることでもありました(爆)

エリクソンについて触りはこちらを読んでください。

http://www.voice-inc.co.jp/content/sj_work/400

講師は、初日が日本でのブリーフセラピーの第一人者、白木高二氏と
2日目、3日目がエリクソン財団メリーランド州支部長のヒレル・ザイトリン氏。

http://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_last.php?genre1_code=03&genre2_code=033

ブリーフセラピーはトランスを用いない催眠として、
具体的な問題にポジティブな面からアプローチしてゆくもの。

白木先生からは、いろんな裏側のお話も、
臨床の現場の人の立場から聞くことが出来て面白かったです。

そしてザイトリン氏。
voiceの画像だともっといかつい感じの方?と思いきや、
本当に穏やかで愛に溢れる、シャイな方でした。

一言でまとめてしまうとどんな療法も愛であると実感。

エリクソン催眠は優しく穏やかにコミュニケーションを取りながら、
心地よい中で潜在意識に働きかけてゆくもの…が私の感想です。

幾つかの技法、方法を実際にワークして、本当に心地よかったのです。

ジャーニーの中でどのように使われているのかもよくわかり、
自分がやっていることの素晴らしさも再認識できました。
ジャーニーは潜在意識だけでなく顕在意識でもとことんクリーンにするツールです。

是非エリクソンももっと学んでセッションでも使ってゆきますね。
抵抗をすり抜けるのは時短と効果を早くもたらす良いツール。
限られた時間の中でクライアントさんには最大の効果を持って帰って戴きたいので、
今後も良いと思われるものはどんどん取り入れてゆきます。

どうぞお楽しみに〜。

posted by 江藤恭子 at 00:00| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

5月の満月に…

明日からすこし旅に出ます。

どうやら場所はちょっとした秘境らしいです…
国内ですが、初めて行くのでドキドキです。

それは京都、鞍馬山のウエサク祭りではありませんが、
偶然にも旅立ちが28日になりました。

私にとってはウエサク祭り以上の個人的なお祭りと言いますか。

だから行くのが初めてというだけではなく、
本当にドキドキしています。

いろんな感謝が湧いてきます。

例えば、日本に生まれてきたこと、
女性に生まれてこれたことに意識を向けてみると、
本当に感謝だと思います。

自分にとっての本当のグラウンディングの意味が、
ずっとよくわからなかったのですが、
最近、なんとなく腑に落ち始めて来たり。

迷って迷っているときに、1本のお電話をいただいて、
それで、焦らなくてもいいんだ、
開ける道に任せようと思えたこととか。

今朝、瞑想の後、iPodである曲を聞いていたら、
ふとある人達を許せている自分に気がつきました。

許すのに、1年かかった人と、3年かかった人はコンビさん。(笑)

長かったようなあっという間だったような。

なんで私がこんな目に!そう目くじらを立てていた時期もあったし、
相手を散々、恨んだ時期もありました。
またそんな自分の至らなさをまた責めてもいました。

どっちも本当は違うし、大きな間違いなんですが。

相手が、周囲が悪い、と思っているうちは運は開けない、
そんなメールマガジンも届いていました。

当時から「被害者」(苦笑)になりつつも、
私がこのことから学ぶことはなんなんだろうか?
そう思っていたし、相手にも自分にも、
出来るだけのアクションも起こしてきました。

リコネクティブヒーリング(R)で進化を促進し、
ホ・オポノポノに出会ってクリーニング、
ジャーニーに出会ってまたクリーニングして…。

いろいろやってもすぐにはすっきりしなかったですよ〜。
それでもやり続けましたね…。

許せなくて苦しいのは結局自分自身ですから。

そうして許せてしまうと、こんがらがってコブのようだった所が、
するりと結んでいた糸の結び目が解けて、
何も無くなってしまう、そんな感じ。

そうしてそこには不思議な感覚、
湧きでてくる感謝、喜び、穏やかさ、静けさ…愛。

そういうものにひたひと浸りながら、
旅の前の家の大掃除〜をしています。(笑)

しばし、ネット環境から離れます。
メールのお返事など遅くなることをお許しください。

ではでは;;
posted by 江藤恭子 at 00:00| すぴ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。