2011年08月01日

キリンジ限定チャリティーシングル「あたらしい友だち」

この趣旨に全面的に賛成です。

キリンジ配信限定チャリティーシングル

「あたらしい友だち」

http://columbia.jp/artist-info/kirinji/COKM-31112.html
http://columbia.jp/kirinji/

311による被災で住んでいた所から引っ越しを余儀なくされた、

多くの子供たちがいることだろうと思います。

中には片親を、両親を亡くした子もいることでしょう。

「あたらしい友だち」とはそんな転校生のことをモチーフにした曲。

切々と坦々と、でもストレートな歌詞です。

どうぞみなさん、お手持ちのメディアでDLなさってご購入を。

「君はひとつも悪くない」

まったく切なくなります。

子供たちの笑顔が早く戻ることをただただ祈り、

私も、出来ることをしてゆきます。
posted by 江藤恭子 at 00:00| 音楽・演劇・ドラマ・エンターティナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

「馬の骨」

リビングダイニングにはホワイトボードがあり、
いつも日々のメモ書き等をそこにしています。



この続きは…。
posted by 江藤恭子 at 00:00| 音楽・演劇・ドラマ・エンターティナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

「How Insensitive」 Yasunori "Pon-Chan" Suzuki



今年の3月末に亡くなられた、鈴木“ポンチャン”康充さん。

早いものでもう2ヶ月が過ぎました。

落ち込んだときに何故か聴く(そうして効く)(笑)、

ポンチャン先生のギター。

またここしばらく、お世話になっていました…。

この続きは…。
posted by 江藤恭子 at 00:00| 音楽・演劇・ドラマ・エンターティナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

「love and respect」

大好きなギタリスト、鈴木”ポンチャン”康允さんが、
2009年3月30日に永眠されたそうです。

鈴木”ポンチャン”康允さんについては、
6年間セッションに参加されたゆわかしさんたさんのサイトに、
水戸でのライブ記録があります。

「yuwakasi_santaのホームページ」

穏やかで優しい、自然体という言葉がぴったりの、
少年のような方でした。

ライブにお伺いした際、リクエストを、といっていただいて、

「OLD FOLK」
「I Hear a Rhapsody」

ポンチャンブルースことオリジナル曲の、
「It's good to see you!」

私のリクエストを演奏してくださったこと、本当に嬉しかった。

初のリーダーアルバムである「love and respect」は、
これからも私の愛聴盤です。

視聴もできるサイト。
鈴木”ポンチャン”康允さんヒストリー。

落ち込んだとき、たくさんお世話になったポンチャン先生のギター。
これからも、元気なときにももちろん、私を支えてくださいね。

心から、ありがとうございます&安らかに。

私からも、「love and respect」


posted by 江藤恭子 at 00:00| 音楽・演劇・ドラマ・エンターティナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。